カードオタクなワタシ

2007年12月5日(水)晴
久々に日記です。
ここんところ鳴りを潜めていた”コレクター魂”、と言えば聞こえは良いけれど、早い話しがタダの”物欲”が、ムクムクと頭を擡げてきて困っているような、心地良いような・・・。

タロットカードが異常に好きです。
で、変わったトランプや、あらゆるタイプのオラクルカードも大好きです。
で、本も好きであります。
d0081655_16142592.jpg

上のカードは昨日到着したばかりの”ボッチチェルリ”のカードです。
ルネッサンスというよりも、キンキラロココした金箔をふんだんに仕様したゴージャスで、ちょっと下品な風合いがキッチュです。
完璧よりも、少しハズシ目が逆に気に入っております。
d0081655_1615874.jpg

これは、やはりキンキンのクリムトのカード。
これもゴージャスですが、デカダンな感じが”ボードレール”チックでいいです。

こういうカードを並べると、
”なんだか、やたらキラキラのゴテゴテが好きな人なのだなあ・・・、きっと叶姉妹のような人なのだろう”、などとと思われるとチビッと嬉しいような、でも頭悪そうなイメージが定着すると良くない(誰に対してかは解りません)ので、実は渋めの重厚感及び説得力とインテリジェンスに富んだ奥深い洞察力を持った冷静沈着で高い審美眼と、ってもうエエてっ!と言われそうなので、この辺で止めますが、とにかく趣きのあるモノクロものも好きなのです。
d0081655_16154441.jpg

上のは、清水の舞台から3回くらいは落ちて、大けがをし、それでもやはり手に入れたい!!と失敗を繰り返しながら、やっと手に入れたカードです。その名も”Victoria Regina Tarot”と言います。

数年前に、やはり何度も”清水飛び”の末に買った”ダリ(あの、かの有名なサルバトール・ダリさんです)のカードも持ってますが、数度の”清水飛び”の健闘虚しく、中身を見て、ガックシ・・・。
期待し過ぎは良くないです。

カードと言い、本と言い、どうも美しい絵や文字が印刷されている”紙”ものフェチなオタクだと自己認識致しておりますが、福沢さんや一葉さんなどが印刷されている”紙”とは、あまり円、いえ、縁がありません。
コレクションにはほど遠いぞ・・・。
う〜〜ん、あの紙はあまり美しくないからかなあ・・・。

つい美しい紙を追い求めるがために、使ってしまうからなのでしょうなあ〜〜。

これからも少しずつお気に入りカードを掲載していくつもりです。
[PR]
by miracleoracle | 2007-12-05 16:17 | タロットカード
<< 2007.12/10(月) 前世占い mammysさんの場合 >>