カテゴリ:談話室( 37 )

タロットで視る総裁の気質

別サイトにてUP致しております。
よろしくお願い申し上げます。
d0081655_15345697.jpg

[PR]
by miracleoracle | 2009-09-20 15:34 | 談話室

サイカードで酒井法子を視る

別サイトにてUP致しております。
よろしくお願い申し上げます。
d0081655_16352983.jpg

[PR]
by miracleoracle | 2009-09-02 16:35 | 談話室

シンクロ・ナイス(!)・ド・?

私はかなり”シンクロニシティ”の起こりやすいタイプです。

先日、”サクランボが食いて〜〜!!”と思っていたら、
北の魔女からサクランボがどっちゃりと届けられました。
d0081655_19112872.jpg

2、3日前は”新鮮な野菜が食いて〜!!”とイメージしたら
西の魔女より、有機の取れ立て野菜が山のように届きました。
1週間ほど前に”お米がないな〜〜”と思ったら、なんと東の魔女より
有機米10キロがドド—ンと到着したのです。

あとは〜〜、南にいる魔女はと〜〜、・・・思いつかん・・・。

とにかく昔からやたら食べ物はイメージすると貰えることがヒジョーに多かったです。
高価なものから駄菓子まで、イメージすると2、3日うちに何故か手に入ります。余程”食い意地”が張っているのか?
もしくは”送ってあげよう”という思いを、キャッチしているのか?
そのあたりはよく解らんのですが・・・。

電話などもかけるのメンドウだから、かかってこないかな〜〜、と思っているとかかってくることが多いです。

今日も、Aさんからのメールの返事にBさんと一緒にその人を訪ねるのでいつが良いかBさんと連絡を取ってと思いつつ、その人のことを書きかけたらジャストタイミングでBさんからのお電話。
その場で時間を決めて、すぐに送れました。
なんてことのないことなのですが”快きリズム”というのは、こういうのを言うのでしょう。
そう言えばBさんはバイオリニストだったな〜〜

まあ、宇宙の理というか、やって良いことはトトトン、トンっなのでしょう。
d0081655_19122144.jpg

で、”美味しい西瓜が食べたいんですけど〜〜”ってか!!
[PR]
by miracleoracle | 2009-07-06 19:12 | 談話室

リバースの解釈

今月の占いに下記のようなコメントを頂戴致しました。
コメント欄にてお返事をと思ったのですが、ぜひ毎月お読み下さっておいでの皆様にもご理解頂ければと思い、少々長くなりそうなのでブログの記事として扱わせて頂きました。
d0081655_13252966.jpg


<こんにちは。毎月欠かさず拝見させて頂いております。
私の場合、ミラクル・オラクルさんの占い結果は、その月全体を表すというより、自分の心に引っかかる特定の出来事を暗示している場合がおおいです。
私は蠍座なのですが、今月で四ヶ月連続でリバースカードです。
これって、何か意味があるのでしょうか?
何となく気になったので、お暇でしたらお返事を下さい。>
d0081655_1328627.jpg

確かに”蠍座”は4ヶ月連続でリバースでしたね。
リバースのカードはいろんなタロットの教習本などでは何種類かを覗き、どちらかと言えばネガティブな影響を暗示させるような扱いになっているものが多く見受けられます。
確かに反対向きになっているとそのカードが良いカードであればあるほど、まったく反対のイメージを持ってしまっても致し方ないのかも知れません。

私もあらゆる教則本に目を通しつつ自分なりに学び、実際にそれを落とし込んできました。その結果、リバースは決してネガティブな暗示ではないということに思い至りました。

私の教室ではカードの丸暗記は致しません。
なぜなら丸暗記をしてそれでリーディングをするのなら、絵は必要はありません。
文字で書かれたカードを使えば済むことです。

ここでちょっとご説明を。
なぜ、私がタロットカードという”絵”の描かれたカードにシンパシーを覚えるのかと言えば、私は本来”絵”を観ること、描く事が大好きです。
物心ついたときから紙と鉛筆を握りしめていましたし、絵本を始め漫画本やプリントされた世界中の画家の絵が家にあるという環境で育ちました。
また両親や祖母も映画や芝居などが大好きな、”ヴィジュアル大好き”家族でした。
d0081655_13314242.jpg

そんな環境も相乗効果を促し、とにかくヴィジュアライズされたものを”観る”ことがことのほか好きな人間に育ちました。
自分のことは勿論のこと、他の人を観ることに対しても非常に好奇心をかき立てられる気質で、”その人の状態を観る”ことがやがては”人間”そのものに対する大きな関心となり、心理学や人智学、スピリチュアリズムへの関心、あらゆる宗教の勉強などを経て、そんなプロセスを経たせいで、私の場合は純粋な”占い”と言えるのかどうかは定かではないのですが、とにもかくにも現在のようなタロットカードをベースにした”占い”というスタイルに落ち着いたのです。

この質問者の方がおっしゃっておいでのように”心にひっかかる出来事の暗示”ということなってしまうのも、いわゆる純粋な占いではないせいだからなのかな、と思います。

そういったなんでも知りたがり気質が占星術や四柱推命、紫微斗数、手相、姓名判断などいろんな占いを齧ることになってしまったのですが、先に書かせて頂いたように本来の自分の気質にピッタリなのはやはり”絵”の描かれているカードだということに思い至ったのです。
今はエンジェルカードやルノルマンカード、そのほかにもいろんな絵が描かれたカードが簡単に手に入るようになりましたが、私の学び始めは身近には”タロットカード”しか無かったのです。

最初に手にしたカードも大好きなイラストレーターのデヴィッド・パラディーニという人の手になる”アクエリアン・タロット”でした。
今は実にたくさんの美しいカードが出回っているので、とても楽しい思いをさせて貰っています。
d0081655_133325.jpg

”絵”はもの凄い波動を出しています。
15年ほど以前にNYのメトロポリタン美術館で大きなモネの睡蓮を目にしたときはまるで光のシャワーを浴びたようでした。
ゴッホの小品を目の当たりにしたときもそうでしたし、中学生の時に初めてピカソを観たときも雷に打たれたような感覚になりました。

各人で視覚や聴覚、触覚、嗅覚など刺激を受ける感覚器官は異なると思いますが、私の場合は視覚です。
タロットカードはそんな私に、その時々で異なるいろんなメッセージを送ってくれます。

随分と前置きが長くなりましたが、要はカードそのものには良いとか良くないというものは私にとってはほとんどありません。
カードは常にニュートラルな状態です。
受け取った私が、感じたままをお伝えさせて頂いています。

私の考えではリバースの場合は、本来のパワーがブロックされていたり、注意を促されている部分の指摘という風に捉えています。

本来どなたにもありとあらゆる可能性が潜んでいます。
その可能性はどなたも同じだけ潜在的にお持ちです。
その大きな可能性を自分の意識でブロックしてしまっていたり、潜在的に知っているのに無視していたりということが多々あります。
しかし、ブロックしている自分の気持ちに気付き、その部分をきちんと”観る”ことによってブロックは外されていきますし、同時に注意深くなれると思っています。
少々面倒だし、しんどかったりもしますが敢えてそれをして行くことが、即ち自己解放と可能性の拡大につながって行く大切なプロセスだと信じています。
d0081655_13342217.jpg

ですので、私はリバースは良くない状態であるという風には考えていません。
正位置、逆位置に関わらずカードのメッセージを現在の自分の状態を把握していくための道標のひとつであるという風に解釈して頂けると良いと思います。

まだまだ言葉が足りないところはあるのですが、これでいくらかはご理解頂けたでしょうか?
もし、まだなにかご質問があれば、いつでもお気軽にコメントを頂戴できればと存じます。
[PR]
by miracleoracle | 2009-07-03 13:35 | 談話室

大切な霊的ガード

 今月は”茅の輪祭り”です。
上半期の邪気を祓って、下半期を無事に過して行くという昔からの”神事”です。
お近くの神社で行っているので、ぜひいらして下さい。
d0081655_1231295.jpg

最近、不調を訴える方々が異常に増えてきました。
私のところにもそういう方々がたくさんお見えになられます。

かく言う自分も今年に入ってからは休む間もない”禊”を経験させられております。
まあ、よくもこれだけ次々と!!と息付く暇もないほどに、いろんなことが起こってきます。
犬の骨肉腫もそのひとつです。
私の邪気を彼が引き受けてくれたのです。
申し訳ないことです。
おかげさまで、外科手術以外に方法なしなどという野蛮な医者に頼らずに、100%回復とは言えないまでもなんとか普通に生活できるようにはなりました。
この大事件も私にとっての大きな”気付き”でした。
命を張って、教えてくれたと感謝しています。

ほかにもあれこれとここには書けないことが数多起こってきました。
正直心が折れそうになり、以前であれば睡眠不足や食欲不振でカンペキに廃人になるところでしたが、おかげさまで長年に渡っての訓練の成果なのか、物理的になんの障害もなく、毎日良く眠れ、よく食べ、良く出し(!)、で外見はすこぶる健康に過せました。
d0081655_1146131.jpg

そんな、大ピンチの中で大きな歓びを貰えたことに改めて感謝です。
前にも書かせて頂きましたが長年描けなかった”花”が、ここに来て描けるようになったことは、これは私にとって何者にも変えがたい素晴らしい贈り物です。

そのきっかけを下さった方にももちろん大感謝ですが、このような状況だったからこそ頂けた貴重な賜だと心底から感謝しています。

私の守護霊、守護神、もしくはエンジェルさんは、どうも過激で厳しいみたいです。
”ほどほど”はお嫌いのようで、何度死にかけたか!!!!!
まあ、私にそれらをクリアーできると読んで下さっての判断なのだと、今はありがたく思っていますが・・・。
でも正直、エエ加減にして欲しい、デス。
d0081655_11474413.jpg

今回でどうも長年に渡った”禊”は、終わりのようなのですが、今までに身を以て体験し培ってきた訓練の成果を今後は公開していくことが、自分のミッションです。
肉体的には残り時間は大してないのですが、死ぬまでの時間をできるだけ有効に使って行こうと思っています。

こうして、パソコンの前に座っていても見えないエネルギーの海に浸かっています。
良いエネルギーもあれば、あまり良いとは言えないエネルギー、それらの海の中に潜っている潜水夫のようです。電波は見えません。人の想念も視得ません。
だから、ほとんどの方々は無頓着でいられるわけですが・・・。

神道では”穢れ”は”気が枯れる”。
”浄め”は”気が蘇る”だそうです。
常に”祓って”、”浄め”て行かねばなりません。
忙しいことです。

ユーツそうな人と話していると、自分までユーツになってきます。
元気な人と一緒にいると、ゲンキになれます。
想念は明確にカタチがあります。
そんな想念が行ったり、来たり、ラジバンダリ!(もう古い?)

注意深くあらねばいけません。
光は暗くて重い想念を一掃してくれます。
どなたも”光”をご自分の裡にお持ちです。
d0081655_11555797.jpg

心配事や悩みがあればあるほど、気持ちを明るく、前向きに持ち、光を感じて下さい。
それがなにものにも勝る一番のガード方法です。
いきなりできなければ、とにかく身の回りを浄化することです。
お掃除を徹底的にする。毎日お風呂に入る。早寝早起きを励行し、生活にリズムを作る。お笑い番組を観る(!)。1日1度は大笑いをする。大きな声で挨拶をする。私の描いたお花の絵を見て頂くのも良いと思います。
などなど、シンプルで簡単なことです。
d0081655_11584494.jpg

そうすれば、心身が軽くなります。
自分の光が輝きやすくなります。

今から、心配事には目を向けずに、楽しいことだけに気持ちを向けて下さい。
[PR]
by miracleoracle | 2009-06-21 12:08 | 談話室

サクセスストーリー2

昨日、嬉しいメールを頂きました。
以下がその内容です。
d0081655_12291939.jpg

<こんにちは、じゃなくてこんばんは、でした!◯◯です。お久しぶりです。
だいぶじめじめとした、湿った季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょ
うか?

メールなかなかできなくてすみませんでした・・。ばたばた(良い意味で)して
たもので、やっとゆ〜ったりとメール出せる時間ができました。自分都合で申し
訳ないですが、やはり大事な方へのお手紙はゆったりとリラックスして出したい
ものなので。

いまさらですが、改めて、タロット講習会おつかれさまでした!&ありがとうご
ざいました!!
通い始めてから、終了まで、実に楽しい様々なお話も頂き、またいろいろ伝授し
て頂き、濃い体験を共有させて頂きました!
d0081655_123193.jpg

自分自身も、通い始めから今まで、周囲も含め、どん底から良いほうに、自分で
もおそろくほど激変していったので、本当になんとも感慨深いものがあります。
素敵で奇跡な出会いもありましたし!猫たちのことも本当にミラクルさんに感謝です!

タロットを通してなのか?どうかは正直自分でもわからないのですが、自分と向
き合う機会となったのは確かですし、いろいろあの会でたくさんのものを頂いた
のも確かです。

自分でいっぱいいっぱいで、他人をみつめる余裕がなかった私に、その余裕を頂
いたかも、とも気がついたときに、会社での昇進と部下ゲットがやってきました
し、準備期間をクリアした人には、その次の行動に向かっていく時期もやってく
るのであるなあ、と実感しました。
d0081655_12344450.jpg

また近いうちに改めて、◯◯さんを交えてのんびりとお茶でもしましょう〜。
やはり直接お話ししたいです。◯◯さんも新しい職場で、当然のことながらくるくると働きまくっているようなので、
あの人が落ち着き次第、計画たてましょう〜。また我が家の猫たちに会いにきて
頂いても楽しいかもしれませんし!

あ、そうそう。6月といえば、わたしにとってここ3年魔の月でした。祖母がなく
なったり、彼と別れたり、何か大きなものとの別れの月なんですよね。今月はま
た恐ろしいことがおきるのではないか・・と実はびびってたのですが、ミラオラ
のタロットのお告げだと、しし座はなんと皇帝w またすごいカードが出ていた
ので安心しました。

実は月頭、しょっぱな
からもう楽しく過ごしてますw

今年は楽しく梅雨を乗り切れそうです!
d0081655_12274744.jpg

また、前に海外出張がボツになったというお話をさせて頂いたのですが、
近々、また海外出張にいけることになりそうです!
今回は前からとても行きたかったところなので、得をしてしまいました。ははは。

お土産買ってきますので楽しみにしててくださいませ!

それではまた、お便り致しますです!>

という内容でした。
こういうメールを頂くと、雨模様のブルーな気分が吹っ飛びます。

私は綺麗な女性が大好きです。
いわゆる美人、まんま”美しい人”は見ていて、心が晴れ晴れします。
d0081655_12361099.jpg

顔立ちが良いとか、スタイルが良いという外見的容姿が整っているのを一般的には
”美人”と言うようですが、私はモチロン外見も大いに大切ですが、
それ以前にその方からほとばしる光を見てしまいます。
どんなにメイクアップしても、どんなに高価で素敵なものを身にまとっていても
光が淀んでいては、それは”美しい”とは言えません。

顔の表情は瞬時にして変わりますし、立ち居振る舞いは、いやでもその人を現します。
”絵”や”音楽”と同じです。
人は究極の芸術作品だと思います。
それも自分自身が創作者です。
d0081655_12323123.jpg

素晴らしい芸術には光が満ち溢れています。
ひと目でその光に圧倒されます。

十年ほどまえにNYのメトロポリタン美術館で部屋の壁イッパイに展示されたモネの”睡蓮”をみたことがあります。
あまりのまぶしさに、しばし目が開けられませんでした。
次にきたのは、鳥肌がたち、まるで痴呆のようになってしまい、動けなくなったのです。

別のフロアで小さな花の絵を見たときも身体中を電気が走ったようになり、作家名を見るとゴッホでした。

絵を見たり、音を耳にしたときに言葉にならない光のようなものが全身を走り抜けていくことがあるのですが、その感覚が自分にとっては最も信頼できる感覚です。

人にもそれを感じます。
キラキラと輝いている、という表現がよく使われますが、まさにその通りです。
光が溢れている人は、こちらまで軽やかで爽やかな気持ちにさせて貰えます。

もっともっと世の中のすべての女性が輝いて欲しいと切に願っています。
私もせめて、蝋燭の光くらいになれればなあ〜、と日々精進です。
d0081655_12334953.jpg

[PR]
by miracleoracle | 2009-06-04 12:38 | 談話室

サクセスストーリー1

タロット講習会の1、2期生さんたちが無事卒業。
私の講習会ではカードの丸暗記はせず、ひたすら各々の感性を磨きつつタロットカードとの親和性を高めていくという方法をとっています。
d0081655_15574521.jpg

私の考え方は、タロットカードはあくまで自分の感受性を高めるためのツールであって、当てるための占いツールとは思っていません。
カードの意味性だけを闇雲に覚え、単になにかを当てていくことはまったく無意味だと考えています。
意味性だけを単に記憶するのであれば、文字や記号だけでも良いのですから、ことさら”絵”を使う必要性はまったくないわけであって、カードに描かれた絵柄の持つシンボルなりイメージがどれだけインスピレーションをかき立ててくれるのかが一番大切だと思っています。

イマジネーションが豊かであることと、妄想癖が強いこととは紙一重なのですが、
実はこれはまったく異なる意識なのです。
イメージを豊かに膨らませていける能力はアーティスティックな才能であり、
妄想癖が強いこととは大きく違います。
妄想はさらなる妄想を生み出し、やがては被害者意識に発展していく負のエネルギーです。

イマジネーションの豊かさは、人生に対して前向きに歓びを感じていけます。
イメージが豊かであれば、アイディアも泉の如く湧いてきます。
アイディアが湧くことは、インスピレーションが鋭敏に働く結果です。
シャープなインスピレーションは触れ合うすべてを輝かせてくれます。
d0081655_15594796.jpg

例えばお掃除ひとつをとっても、惰性で仕方なくするのではなく、そこにアイディアと楽しみを発見することができ、”掃除”をしていることに夢中になれます。
料理もしかり。
冷蔵庫に残っている有り合わせの素材も、アイディアひとつで素晴らしいものに変容します。
さらに楽しんで手間暇かけることで質の高いエネルギー源となるのです。

前置きが長くなりましたが、自分の中に日々のそのような感性を理解し、認識していけることをコンセプトとしてタロットの講習会を開いてきたのですが、みなさんの感性はどんどんと高まって来られたように思います。
そして感性が高まれば高まるほど、自分のイメージする自分に近づいていけるのです。
いわゆるこれが”開運”ということだと思います。

自分の運は自分で切り拓くことは当たり前のことです。
なにかにすがったり、だれかにお願いしても、なにもしなければイメージ倒れのままです。

自分は自分であって、ほかの誰でもありません。
自分の中には無限の可能性があるのです。
私たちが使っているのは、海面に少しだけ顔を出している”氷山の一角”です。
海面下にはまだまだ想像もつかない膨大なエネルギーが眠っています。

タロットカードはその未知なるエネルギーを目覚めさせるためのほんの小さなツールです。
d0081655_1604615.jpg

ご縁によって講習会にいらして下さった方達すべてが、自分のイメージに近づきつつあるかどうかは今の時点で断言はできませんが、眠っていたエネルギーが徐々に蠢き始め、少なくともこの春に大きくスキルアップなさった方々がおいでになられたことは大きな喜びです。

仮にAさんとしましょう。
この方はもともと人として大変素敵な方なのですが、特に仕事に対しての才能は抜きん出たものがあります。1年半前に以前の会社を退職し、すぐに転職を考えられたのですが、”1年間はのんびりとご自分の好きなことをしながらフリーでガンバってみて下さい”という私のアドバイスを受入れて下さり、講習会に参加しつつお仕事に励んで来られました。

不思議なことにこの方の場合、区切りのときになぜか必ずと言って良いほど南にご縁ができて旅行をされます(本来はヨーロッパがお好きなのに)。
多分、南国がこの方のエネルギーアップに必要なイヤシロチなのででしょう。
会社を辞められてすぐのときはパリに行きたいとおっしゃるのを
”パリではなくバリ”にして下さいと申しました。
以来、沖縄、台湾などがひとつひとつの区切りとしてスキルアップのために誘われる場所となったようです。

仕事のできる方なのでフリーになられても困る事もなく、むしろ大変に忙しく質の良い仕事をどんどんとこなして行かれていました。
が、さらなるスキルアップのためにこの春前から就職活動を始められました。
動き始めると優秀な方なのですぐに数社からオファーが来ました。

どちらも素晴らしい会社です。
友人達もこの会社なら、と勧めてくれたようですが、当人はどちらもどうもイマイチ乗り気になれないようでした。
早く返事をしなければ、と迷っておられたのですが、
”ご自分が考えて結果を出される事が一番だと思います”としか申し上げずにいました。
結果的にどちらの会社もお断りになりました。
一見、とても勿体ない事のように思えますが、これは英断だと思いました。

それから数日後に、この二社以前にコンタクトを取りつつも返事がなく、諦めていた自分の中でのイチオシの会社から、オファーがあったそうです。
勿論、この会社に決められ、目出たく入社なさいました。

はっきりと就職が決まったときにお話をお聞きしたのですが、
”ふたつの会社からオファーがありどちらも悪くはなく、迷いに迷ったけれども、やっぱりどちらも違う!と思ったので、ふたつの会社はお断りしました。で、まあ、あと1年、フリーでガンバってみるか・・”と就職に対する思い入れをスッパリと手放された途端に、想いを向けていた会社からのオファーがあったのです。

で、なにが言いたいのかと言えばですね。
適当な妥協をせずに自分の意志をどれだけ強く持つか。
できる限りの努力を怠らない。
先読みをし過ぎない。
そして、最終的には自分を信じて、”手放す”。
書いてしまえば簡単ですが、これらが実はなかなか出来ない事なんですよね。
d0081655_1634871.jpg

この方の感性は本来大変強いのですが、ご本人曰く
”タロットカードを通して、いろんなことを教えられました”。

カードとの対話は即ち、自分自身との対話です。
Aさんの今回の出来事は、
カードを通して自分との対話が理想的な形でなされていった結果だと思います。

Aさんはこれから先の人生に於いてなにが起こってこようが、
ご自分の意志で無理する事なくクリアーしながら、
ますます輝きのある自信に満ちた人生を歩んで行かれる事でしょう。
[PR]
by miracleoracle | 2009-05-18 16:05 | 談話室

ネオステージ

5月2日はタロット講習会1、2期生の卒業式を兼ねて、3期生との合同授業でした。
1期生はすでに3年。2期生は一年数ヶ月のお付き合いでしたが、あっと言う間の時間でした。
d0081655_11322794.jpg

卒業生は9名。
当日はザンネンながらふたりお休みで7名の方が出席。
最後に一緒に過させて頂いた時間を忘れないで頂きたいという思いで、各々の方に私が大切にしていたものなどのメモリーグッズをお渡しさせて頂きました。
おひとりおひとりにピッタリ、とまでは行かなかったかも知れませんが、今の卒業生に合うと思うものを独断と偏見で選ばせて頂きました。

一年近い休職の後、この春再び職場に復帰された方にはパステルカラーの”シルクのスカーフ”。
鳩尾、膝裏、ボンの窪などからいろんなエネルギーが出入りします。
特にボンの窪からはたくさんのエナジーが入り込んできます。
シルクはネガティブエナジーをカットしてくれる効果絶大。
できるだけのケアーを今後もなさっていって頂きたいという思いでプレゼントしました。

また、めでたくご懐妊というある方には可愛い花柄の5本指靴下とスパッツ。
それに犬を彫刻したフローライトのお護り。
カラダを冷やさずに元気な赤ちゃんを生んで下さい、という思いです。

また、昇進が決まった方にはゴルチェのお財布。
春財布は縁起物です。
どんどん出世して、お金をいっぱい得て下さい!
そして、ごはんなど奢ってもらえると嬉しいなあ〜〜、なんてね。

このブログを手伝ってくれている方には、私自身がある時期随分とお世話になった2匹のサーペントがデザインされた銀細工のリング。
大変にパワフルなリングですが、今の彼にはピッタリです。

これから本格的にヒーラーとしての勉強を始める方には、ジュエリー作家手作りの革で出来た薔薇のチョーカー。この方の名前に因んで”強い優しさを持った花のような人になって下さい”という思いで送らせて頂きました。

マダム・ロッシャスのトワレは、やはりお名前に因み”さらに匂い立つような香しい女性”を目指して欲しいという思いでお送りしました。
d0081655_1133943.jpg

蟹座の繊細さと粘り強さを合わせ持つ方には、十年ほど前にパートナーがパリで買ってきてくれたビンテージの月型をしたブローチ。
今後ますます輝かれるであろうこの方にピッタリだと思います。

おひとりおひとりのお顔を思い浮かべながらのプレゼント選びは、とても楽しく、そして歓んで下さったことはこの上ない歓びです。
すべての物にはエネルギーが宿ります。
無機的に思えるものにも、当然接触する有機体のエネルギーが宿ります。

ひとつひとつに心からの感謝とこれからももっと自分を表現していって下さるようにという想いを込めて贈らせて頂きました。

1期生さんは3年間、そして2期生さんは1年半の間にいろんなことがありました。
大変だったこと、楽しかったこと、それぞれがそれぞれのフィールドでいろんな体験をなさってこられました。タロットカードという媒体を通して講習会でなんらかのエッセンスを感じ取って下さり、それを心置きなく実生活に反映して行って頂ける事を、この先もずっと祈り続けさせて頂きたいと思います。
d0081655_11351296.jpg

次回はノンフィクションで、各々の方のサクセスストーリーをご紹介させて頂くつもりです。
[PR]
by miracleoracle | 2009-05-11 11:36 | 談話室

癌宣告から24日経過

我が家の犬が”癌宣告”を受けて、早、3週間と3日が経ちました。
一時は、どうなることかとオロオロするだけだったのですが、
今は、フツーに生活ができるようになりました。
d0081655_14593739.jpg

と、言っても完全手作り食&飲料水&サプリメント&マッサージ&祈りは継続していますが。

以前に同時期にトイを同じ病いで亡くしているので、またもやと恐怖と不安でいっぱいでしたが、
いんやっ!!今度はゼッタイに治すのだっ!という強い想いが通じたのか、
走れるほどに快復してくれました。
たくさんの方達の応援メッセージも強い味方です。
遠方にいる友人が送ってくれた、素敵な本もパワーです。
d0081655_1561117.jpg

<骨肉腫は発覚すると進行が早く、肺に転移したりするので即時の外科手術が必要である>そうです。悪いところは即、取っちゃえ〜〜!という野蛮な治療法しかない!そうです。
鎮痛剤などではとても間に合わず、モルヒネパッチで痛みを抑えないとどうしようもないほどの痛みを伴うことも実に悲惨です。

が、トイの命日だった4月1日を境にして、今は殆ど痛みはないようです。
と言っても完治しているわけではないので、
調子の良いときにムチャをしたりするとやはり響くのか、
あとでピーピーと情けない顔をして泣いて、訴えかけてきます。
最初は、ああ〜〜!!どうしよう!!!とまたもや心配の極地でしたが、
犬は子供と同じで、まったく後先考えない良い意味でのおバカさんです。
まさに”今を生きて”います。
こちらが慌てず、騒がず”手当”をすると、また回復します。
d0081655_1585444.jpg

”手”の力につくづく感動しています。
今回の櫂のおかげで、随分と”ハンドパワー”をアップさせてもらえました。

脚を引きずり出す、少し前からダイエットをさせるべく大嫌いな野菜を食べさせ始めました。
あれほど嫌いだった野菜を食べ始めたのです。
やはり根底にある”生存本能”のなせる技なのでしょう。

余分に作って、おとなりのワンコちゃんにおすそ分けをしたら、4回目には慢性の下痢便がしっかりしたウ◯チになったそうです。
以来、彼もベジタリアン街道に合流です。
野菜だけでは可哀想なので、魚(白身魚、特にサーモンは癌に良いそう)とササミ、カッテージチーズなどを少量混ぜ込むと、さらによく食べます。
胡麻、豆腐、納豆、ジネンジョ、海藻、亜麻仁油、ルリジサ油など良い食材です。
食事はなんと言ってもダイレクトなエネルギー源です。
手作りには出来合いのものの数百倍のエネルギーがあるそうです。
できるだけ手作りしたいものです。
d0081655_1503397.jpg


食材と向き合うと、それらはいろんなことを語りかけてくれます。
その囁きに耳を傾けながら、お鍋をかき回せば気分は錬金術師。
d0081655_1594648.jpg

思い通りに出来上がった苺ジャムはキラキラしてて私にとっての宝物です。
せめて写真で、香りと気配を味わって頂けたらと思います。
d0081655_15102987.jpg

d0081655_15111464.jpg

宇宙のエネルギーは無尽蔵です。
すべてのものにエネルギーは宿っています。
自分にとって最もジャストフィットするエネルギーの内容は、
自分次第だと思います。
d0081655_15102511.jpg

[PR]
by miracleoracle | 2009-04-16 15:16 | 談話室

ミラクルは決して”奇跡”ではない

またまた占いとは異なる話題で申し訳ないのですが、ちょっと、いえ、かなり不思議なここ数日のできごとを書かせて頂きます。
d0081655_14464248.jpg

モルヒネパッチで痛みを押さえていた櫂が、なんとここ5日間痛み止めなしで普通に過せているのです。
3月24日に大学病院で検査の結果、”骨肉腫”という判明。
要するに骨の癌で、医者曰く
”患部を切り取るしか治療法はない”。
(要は外科手術をしなければ、あと出来ることは痛みを最小限に押さえて、ただ死を待つだけ・・・)。

仮に取り除いたとしても、転移は充分に有り得るし、また術後1年間の生存率は10%。
手術をするのなら一刻を争います、と言われました。

患部が腰なので、切り取るとすればかなりの部分での断脚手術になります。
パートナーともども、そんなストレスとリスクを負うことはゼッタイに止めようと決めました。
が、とにかく想像を絶する痛みが今後急速に予想されるので、とにもかくにも痛みを押さえるためのモルヒネパッチと、それが効くまでの強い鎮痛剤を胃薬と共に処方されて、まるで抜け殻になった気分で帰途につきました。

11年前のまったく同じ時期にトイを亡くしたあの悪夢がまた、襲ってくるのか!
そう思っただけで頭の中は真っ白。
立っていることすら出来ず、絶望でいっぱいになり、涙がとまりません。

そんな状態の中、
枇杷の葉温灸、生姜湿布、里芋湿布、プロポリス、ウルフハウンドが骨肉腫を克服したというサプリメント、温泉水、などなど、弟や息子が自然療法のグッズやサプリをいっぱい用意してくれました。
d0081655_1451174.jpg

正直、そんなものが果たして効くのだろうか?
と自分もヒーラーのくせに、思ってしまいました。
自分の愛する対象に対して、人はなかなか客観的になれないものです・・・。

パッチを張っていても、落ち着かずにこの上なく切ない声で泣き続けます。
その夜から、一緒に眠るようにしたのですが、ほんの少しウトウトしてくれるだけでほとんど眠れないようでした。
d0081655_1505278.jpg

27日にまたパッチを張り替えに行き、そのあと少し落ち着きましたが、やはり落ち着かなげな様子です。
パッチの効果は3日間なので、30日にまた張り替えに行きました。
そして、トイの命日を4月1日に控えた、31日。
夜中の3時頃から31日中、もの凄い辛さなのか数秒もジッとしていません。
これ以上、どうして痛みを抑えてやればよいのか、なすすべもなくただただ擦ってやるしかありません。

あまりの辛そうな様子に、かつてトイのときに助けて頂いたカウンセラーの上野さんとおっしゃる方に相談をしたら、いつもと打って変わって、
”今はあなたが櫂君のことをきちんと見てあげるときです”と大変キツく戒められました。
そのときは相当落ち込んでしまったのですが、今はそう言って下さったことに心から感謝しています。この言葉も大きな気付きのために必要だったのです。
むしろ、上野さんの優しさと慈しみであったと今ははっきりと思えます。
d0081655_14524853.jpg

それまでも、お祈りはしていたのですが
そのように言われてみて、そのことをよく考え、落ち着くためにクッキーを焼き終えたあと(このあたりがヘンなのですが、なにかしていないとネガティブな想念ばかりが出てくるのです。クッキーを焼くことが私の我を鎮める方法だったのでしょう)、
”そうだ!私はどこかでまだ、誰かになんとかしてもらおうという安易な思いを持っていたんだ!”とはっきりと気付くことができたのです。

フラワーエッセンスを飲んで、
11時半から12時過ぎまで一心不乱に祈りました。
そして、顕著な印を感じさせて頂け、その夜はぐっすりと眠れたのです。

翌朝、櫂と一緒に寝ていたパートナーが、
”昨日の夜は体勢は変えていたけれども、
不思議なことにまったく泣かずによく眠っていたよ。”と言います。
その上、12時過ぎから3時頃まで部屋の中が異常に暑くなって、オーブンがつけっぱなしになっているのかと見に行った、とも言いました。
癌はとにかく暖めることが大事だそうです。

その翌日、弟のところに新しいサプリを貰いに出かけ、その話をすると
”それって、何時頃お祈りしたん?”
”その時間、ちょうどフラン(亡くしたトイにそっくりな子です)がハアハア言い始めて
大丈夫かなあ?ともの凄く心配しててん。今思うと、部屋の中も妙に暑かったし・・・”。

その後、数人の友人からも同じようなことを言われました。
大きな大きなエネルギーが働いたとしか思えません。

お祈りのときに
”私が彼の痛みを変われるのであれば”というお願いとともに
”世界中の元気な犬たちがほんの少しだけ、フォローをしてくれれば・・”などという不謹慎なことも思ってしまったのです。

動物たちは群魂だそうです。
彼らはみんなつながっているのです。
そして、みんながこの上なく優しいのです。
d0081655_1449670.jpg

(櫂の具合が悪い間、ずっと片時も側を離れないあふ。)
私の不謹慎な思いをちゃんとキャッチしてくれたのだと思います。

サプリの効果、息子や私が施す手当の効果、そして祈りの効果、なにがこの穏やかさの因子となったのかは解りません。でも、言えることは闇雲に”奇跡”を信じるだけでは、本当の”奇跡”は起こらないということです。
”人事を尽くして、天命を待つ”という言葉がありますが、
”天命を信じて、人事を尽くす”ことが”奇跡”を起すのです。
この宇宙は謎に満ちています。
その謎は、扉をノックすれば必ず応えてくれるのです。
d0081655_1457272.jpg

泣かなくなって今日で5日目ですが、パッチをはずしたにも関わらず痛みもないのか、大嫌いな野菜も食べて、良いウ◯チをし、サンポも楽しげに、穏やかに日々を過ごしてくれています。
d0081655_1458096.jpg

少しのことに感謝できることを大いに学ばせてもらえたここ何日間でしたが、これからも毎刻毎刻を鋭敏に感じながら生きていけそうです。
[PR]
by miracleoracle | 2009-04-05 15:04 | 談話室