<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

前世占い「Nさんの場合」※他ブログからの移動記事

◇相談者 26歳 女性 Nさん
d0081655_1547123.jpg

☆カード1 星(XVII)リバース
☆カード2(このカードは常に正位置) 悪魔(XV)
☆カード3 ワンドの4 リバース
☆カード4 恋人(VI)
☆カード5 ワンドのキング リバース
☆カード6 ペンタクルのエース リバース


    …・:☆★総合判断★☆:・…

前世のうちのひとつで、この人は男性に“快楽”を提供する仕事についていた時があるようだ。
彼女の日々の生活は“欲望”という渦の中で営まれているよな状況だった。そんな中にあって、この人自身は大変ピュアな心根の持ち主で、常に健全で暖かい結婚生活に憧れ続けていたのだが、彼女に対して大きな権力を持つ男性(多分雇い主だろう)のためにその夢は叶わなかった。
そのせいで今生においても本当は男性に対して、包み込んで貰いたいという思いを素直に表現することが出来ず、無意識に自分が支配権を行使してしまい、女性上位になってしまう傾向が強い。が、本質的には命をかけて誰かを愛し、愛されたいというロマンチストである。
“恋に恋する乙女”の意識で、素晴らしい結婚を夢みながらも叶えられなかった前世での悔しさを、今生ではどうしても叶えたいという思いが強く残っている。
そのためにこの人に必要な“今”の学びは、“正しい目を持って、慎重に自分の本心を確認すること”。“気分”に巻き込まれ易く、簡単に反応しがちな性癖を、いわゆるグランディングー地に足のついた考え方と“忍耐”を持って対処することが必要である。
また、過剰に人や物などに執着しないことも大切である。
以上がこの人の“今”に必要な“学び”である。



Nさんのコメント
占いの結果を読んで
まず、何よりも先に有り難うございます!と言いたいです。
 自分の前世が一体何だったのか最近とても気になっていたので、知ることができて嬉しかったです。(前世の職業には正直驚きましたが。)
前世の影響が今の自分の性格や、感情に影響しているという話は聞いたことがありましたが、読んでみて納得。当てはまる部分が多々ありました。
なんと表現して良いか…。密かに自分自身が悩んでいた行動や言動の根拠を見つけた気がします。
 そして「今の学び」を読んで、うすうす?自分で気付いていた「人の喜怒哀楽に染まりやすい」、「思い立ったら吉日」、という自分自身の弱点を再確認することが出来ました。(あと、人や物への過剰な執着心も…)
本当にありがとうございました。この占いの結果を、今年の大きな課題にして生活していこうと思います。
[PR]
by miracleoracle | 2006-01-19 10:00

はじめに「前世占いとは」※他ブログからの移動記事

『前世占い』とは
 人それぞれ考え方は千差万別。“前世”などあるわけがない、という人もいるでしょうが、ミラクル・オラクルは“ある派”です。
私の考え方はチョー簡単に言えば、今の自分がまんま別の時代を生きていたというものではなく、いろんな時代をいろんなスタイルで自分の中の“DNA”がずーっと生き続けている、みたいな考え方です。ですから、クレオパトラであったとか、織田信長であったとかマリー・アントワネットであったとかというのではなく、“誰か”であったときに“クリア”できなかったことを“今生”ではクリアしましょう、という考え方をベースにした“前世”擁護派です。
「なぜ“私”は“私”なのだろう?」「“私”って一体なんなの?」「“私”はなんの為に生まれてきたの?」「“人”は死んだらどうなるの?」などなど…誰もが一度は不思議だなあ、と思うことではないでしょうか?
大昔より大いに解答に窮する“問題”です。そんな“問題”の応えに少しで近付けたらと思い、あれこれ試しているうちにこのような方法に辿り着きました。飽くまで数ある中の方法の“ひとつ”ですが、なかなか興味深いものです。
もし、試してみたい方がいらしたら、チャレンジしてみて下さい。生きていく上で、多少は役に立つかも知れませんよ。
[PR]
by miracleoracle | 2006-01-01 10:00