タグ:日記 ( 2 ) タグの人気記事

なぜ、占いが好きなのか?

 物心ついて以来、ずっと”占いオタク”なのは何故なんだろう?
私にとっての占いとはなんぞや?最近つくづく考えます。ネットを見ると天文学的な数の”占いサイト”に出会います。無料、有料、タロットはもとより、星占い、四柱推命、手相に気学、宿曜に紫微斗数、姓名判断、エトセトラ、エトセトラ〜。
これって一体全体なんなんだーっ!って、占いブログで占いをしている自分が驚いているって、なんか変?でも、やっぱり変です。

私が”占い”に興味を覚えたきっかけは”人間ってなんなんだろう?”でした。
幼稚園のころにそう思ったことが、初めの第一歩。
不思議で不思議で仕方がありませんでした。
なんで、”私は私で、○子ちゃんではないのだろう?”、”私は死ぬまで私の役しかだめなの?”。
”なんで、人間(ほかの生き物にはまだ意識が向いていなかったあたりが子供です)は死ぬんだろう?”、”死んだら、どこへ行くんだろう?”。
”ねえ、ねえ、おばあちゃん(私の祖母です)、いっかい死んで、それからどうなるのか教えて”。
最初は笑って”はいはい”なんて誤摩化していたばあさんも、さすがにあまりのシツコさに、だんだんと”ええ〜いっ!ウルサイ子やなあ、わてはまだ死ねへん(マジです)!そんなことは知らん。あっちへ行きっ!”と怒って、相手にしてくれなくなりました。
今思えば、確かに年寄りを捕まえて、これはナイですよねえ。

しかし、まわりの大人は教えてくれず、悶々とした幼年時代を過ごしたことが良かったのか悪かったのか、すでに哲学してた私は、ことあるごとにその類いのことに関心が向き、お化けや妖精や天使や悪魔や神や仏などなどの眼に見えないオカルトチックな話が大好きで大好きで、なんだかんだと手当たり次第に読み漁り、尋ね歩くうちに、占いも勿論のこと”範疇”に。
あちらに”当たる”と評判の占い師がいれば、即飛んで行き、こちらに”スゴイ”占い師がいると聞けば走って行き、で、気に入らない”ご託宣”なら喧嘩をし、捨て台詞を残してくるというラジカルな研究を重ねてきましたが、どうもピンと来ない人ばかりなので、ならば、自分で”占い”を研究しよう、とどんどん深みに嵌まっていき、今に至るというワケなのです。

即ち、私にとっての”占い”とは”自ら”を知るためのひとつのツールだったのです。
”我とはなんぞや?”。”汝、自らを知れ”とソクラテスさんも言うてはります。
やはり、自分を知ることが、生まれてきたひとつの大きな理由だと思っています。

自分のことって意外に解らないものです。
心なんてコロコロ変わるから”ココロ”なんです。
安定していることなんて、ほんの数十秒です。
なかなか、仏陀やイエスさまにはなれません。
だから、少しでも”安心、安定”していられるように、自分をよーっく知って、100%受け入れるために”占星術”を始めたのが、今を去ること30数年前。ホロスコープを見ているとなぜか安心感があります。
自分という星の地図みたいなものかなあと思います。

そうかあ、あたしってこんななんだあ、いやなヤツだね。とか、おっ、なかなか良き素質があるみたい、ならばそこんとこもうちっとクローズアップするか、とかとか。
とても自分に寛容になれるのが、良いのです。
そして、自分以外のだれでもなく”私”を認識できるのです。

過去や未来を当てることが占いの本道である、とおっしゃる占い師さんも多々おいでですが、私はそれよりも”今”を目一杯楽しんで生きて行く方が好きなタイプなので、そういう考え方で言えば”占い師”ではないのかも知れません。

私は私の定義を小脇に抱え、これからも”占い”を楽しみながら研究、実験して生きていきま〜す。
[PR]
by miracleoracle | 2006-09-14 16:57 | 日記

パーフェクトなオタクです

8月21日 月曜 月齢26、9 本日15時34分蟹座から獅子座へ

相変わらずの暑さの中、タロットの研究にネチネチといそしんでおります。
昨日も埼京線の”十条”にある占い専門書籍店まで、欲しかった本を買いに行ってきました。絶版になっている本なので、探しまわってやっと見つけ手中に収められたときの歓びは、言葉にできません!
先日もあるクライアントさんに、持っているタロットカードを見せびらかして自慢したら”パーフェクトにオタクですね”と褒められて(?)しまいました。

好きなことにはいっさいの労も時間も惜しまない私です。
もっと、お金も湯水のごとく使えたらなあ、と思いますが限られた経済事情の中でネットを駆使しあちこちを探しまわったり、いろんなところにメールや電話をしたり、本屋に出かけたり、ジタバタ大汗かいて、やっとの思いで情報を得て、そして自分のものにする、ということが本気の遊びの真骨頂です。
精一杯、真面目に遊んでます。
”よく遊び、よく学べ”はまさに、まさにであります。

スポーツは観戦するものである、というノーブルな思想を持っているので、いっさいの運動がだめにも関わらず、こと”趣味”&”道楽”に対しては人十倍”貪欲”で凄まじく動き回ります。
それを見て、身近な人のコメントは”ゲンキやねえ・・・”。

人間、好きなことをしているときは脳が異常に活性化するのです。
脳の活性化イコール元気、です。
みなさんも本心から楽しめることは労を厭わず、どんどんなさって下さい。

かのアレイスター・クロウリーも申しております、
”汝の欲するところを為せ”と。
[PR]
by miracleoracle | 2006-08-21 11:34 | 日記